当部について

新入生の皆さんへ。



新入生の皆様、ご入学おめでとうございます。
そして、慈恵医大弓道部のホームページを開いてもらえたこと、大変嬉しく思います。

ようやく受験を終えて入学したばかりで、まだわからないことも多いこと思います。
そこで、慈恵医大弓道部のことを知っていただけるよう、Q&A形式で弓道部の魅力を伝えますので、少しでも検討していただけると嬉しいです。

Q. そもそも弓道ってなんですか?

A. 世界最長の弓とされる和弓を用い、28m先にある直径36cmの的へ矢をあてることを基本として、一連の所作を通じ心身を鍛錬することを目的とする、日本最古とも言われる武道です。

Q. 部員は何人くらいいるの?

A. 昨年度は54人の部員が在籍していました。かなりの大所帯ですが、3年生で引退なので、人数が多すぎて練習できない、ということはありません。また、引退後も自由に部活に参加できます。

Q. 練習はいつやってるの? 自分の時間は作れるの?

A. 全員が参加する練習日は基本的に、火曜日か木曜日の放課後のどちらかと、土曜日の午前、と週二回です。自分の時間もきちんと作れるので、勉強やアルバイトなどとの両立も可能です。
弓道部には優秀な先輩方が多く在籍しているため勉強資料も豊富です。実際に昨年度の特待生が4人在籍しているなど、勉強をするにはもってこいの環境です。

Q. 強い部活じゃないと入りたくないのだけれど、どうなの?

A. なかなか強い部活だと自負しています。
昨年度の春の関東大会で16チーム中の優勝、東医体(医学科で一番大きな大会で、600人以上が出場する)で個人戦第7位と第10位対抗戦全勝!などと数々の好成績を収めています。経験者の方も存分に楽しめる部活です。

Q. かといって、経験者でないと活躍できないし、試合にも出られないんでしょ?

A. いえ、もちろん経験者も大活躍しますが、前述の優勝した関東大会でも団体メンバーの2/3以上が大学から弓道を始めた人です。しかも、弓道のほとんどの大会にある個人戦では、全員が試合に出られます。だから本気で部活をやりたい人にも、ゆるーくやりたい人にも、弓道部はおすすめです。

Q. 週二回の部活で強くなるの・・・?

A. 錬士六段の高橋監督を始めとして、指導体制が充実しているので強くなれます。
また、弓道部は国領キャンパス内に専用の弓道場を持っているので、いつでも練習できます。

Q. えっ!今ネットで弓の値段を調べてみたら7万円とか書いてあるんだけど・・・

A. 部活の弓を使えるので安心してください。定期的に部で新しい弓を買ったり、OBOGの先生方が寄贈してくださったりするため、自分で買うのと遜色ない弓が使えます。
実際の出費も多くありません。最初に矢や道着、袴などを買うだけで、6年間弓道が楽しめます!(詳しくは遠慮せず直接聞いてみてください!)

Q. 私は大変家柄が良い旧家の出身で、部活にも歴史と伝統を求めてしまいます。慈恵医大弓道部に歴史と伝統はあるのでしょうか?

A. 慈恵医大弓道部は1920年の創設で、なんと今年で丁度100周年を迎えます。部活としては大変な歴史と伝統を有しています。

慈恵医大弓道部の魅力は伝えられたでしょうか?
他にも伝えきれない魅力がたくさんあります!
百聞は一見に如かず、ぜひ弓道部の新歓に来て、魅力を感じてください!

Twitterアカウントはこちら! @jikeikyudo